釣行会レポート

2002年7月13日〜14日  本流釣行会・オートキャンプ

リーダ:石田誠一

参加者: 安達、小野寺、近松、櫻井、松田、石田

    
計:6名

宿:只見町いこいの村キャンプ場 0241−82−2432

釣行概況:

7月12日夜立ちで小野寺氏の車で、安達、近松、櫻井、松田さんをひろい東北道蓮田SAで私の車(キャンピングカー)と23時に待ち合わせをして小休止後、車割りと荷物を分けて積み替え、一路とりあえず伊南川と只見川合流を目指して出発。朝3時半頃、川に着いたが、びっくり。予想をはるかに上回り台風6号、7号の影響で伊南川もいつもの三倍の水量。只見川もダムの放水で本流は釣りになる状況ではなかった。櫻井、近松、松田各氏で支流の黒谷川などへ入り、なんとか型を見た程度。あとの三人はと言えば釣りする気もなくブラブラと休んで、昼過ぎにはもう只見川沿いのお風呂に入って、村営のキャンプ場も予約し、買物も済まして早々とキャンプ場に行き、3時半頃にはすでにキャンプのセッティングも完了。あとは宴会を待つばかりと段取りよくセットし、その頃には釣りに行っていた三人も上がって来て、全員で乾杯をし、今日のメニューのバーベキューと実沢山のお汁とサラダとビール、ワイン、小野寺氏差し入れの八海山をあびるほど飲んで、ダウンも早く10時頃には全員寝たようです。

次の日の朝5時半頃、日も高くなってからそれぞれ起き出して朝食前、私と櫻井、松田、近松さん四人で只見合流点で竿を出すもほとんど当たりなし。唯一、近松さんに尺近いヤマメが出ただけに終った。早々と上がり朝食を済ませ、後片付け荷造りをして、往きと同様に東北道蓮田で解散し帰路に着きました。

小野寺さんにはデリカワゴンを出してもらい、キャンプ道具も用意していただき大変助かりました。

総じて釣果は今一つ。これは本流釣行・大物狙いの常。それでもゆっくり休めて日頃のストレス解消となりました。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部