釣行会レポート

2002年10月20日(日)  家族マス釣り大会

実行委員長:小野寺俊雄&執行部

参加者: 会員13名、会員家族11名

    
計:24名

会場:小河内漁協・峰谷川渓流釣場 

釣行概況:

前日より「ふるさと村コテージ」にトン汁その他の準備のため、関口会長他4名が泊る。
当日の天気が心配されたが、さほどの雨も降らず大会は決行された。峰谷川渓流釣場は近いようで遠いせいか参加者は24名と少なめであった。午前9時開会式後マスが放流され、笛の合図とともに一斉に竿を出し、次々とマスを釣り上げ「アー残念!」「ワー!釣れた」と言った声。楽しそうな雰囲気の中、会員はシーズン中、家庭を疎かにして釣りに出かけているお詫びのしるしとばかりに、釣った魚の針をはずしたり、エサを付けたりして家族サービスに一生懸命であった。
単独参加の会員も、ここぞとばかりにマスを釣り上げていたが、誰かな?

昼には中野副会長が担当の東渓レシピ以上のトン汁(イノシシ汁?)が出来上がり、皆さん美味しいとおかわりするほど好評でした。
午後2時閉会となり今年の家族マス釣り大会も無事終了し、夕方まで遊ぶ組を残し自由解散となった。
反省点は午後の放流をしなかったので、やはりいつも通り「午前、午後2回の放流を行う予算配分を」と思えた。





東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部