釣行会レポート

2002年8月30日〜9月1日  秋田県下米代川水系釣行会

リーダ:満藤

参加者: 関口幹夫・伊藤攘聡・上野泰彦・村松国男・近松昭男・
桜井敬一・安達晶子・満藤久

    計:8名

釣行概況:
 8月30日、午後10時与野市関口氏宅に集合し関口車と満藤車に分かれ、岩槻インター
から東北道へ一路十和田湖インターと出発。午前4時頃、紫波パーキングエリアにて釣り場の調整を行い関口車は安代川水系と満藤車は米代水系に其々分散と決定し安代インターで下車し目的地に向かう事となりました。私の車の方は田山花輪線鉄橋下に近松・桜井氏を降ろし中間に上野氏をそして公園から私と釣り場を分けました。公園前は葦が密生する場所で葦中を釣る釣り場ですが来るヤマメはチビヤマメばかりで一向に型の良い物が中々釣れません。又瀬を流しても瀬には居ず、深みのある瀬で当たりが有るのですがチビヤマメばかりでした。2時間葦の中を釣りましたが、車の方を見ると上野氏が居たので此処でギブアップ、公園より400m程度でした。車に戻ると近松・桜井氏も上がって来るので、話しを聞くとやはり瀬はダメで深く緩い深瀬でしか当たりが無いとの事。堰堤下も同様との事。朝の第一ラウンドを終えて駅前のコンビニで路上に座り4名で朝食を食べながら次の河川の根石川に向かいましたが此処も同様に来る魚は小さい物ばかりでした。もう昼近いのでとにかく食堂の有る町に行く事に成り移動する事に決定。湯瀬温泉付近を走行中、関口車より電話が有り当方も同様との連絡が有り熊沢周辺を釣り宿に帰るとの事。私は昼食後小坂の上流へ行くと話し電話連絡を終了。昼食後宿に荷物を置き小坂二股上流えと車で向かうが二股に行くと更に青森ナンバーの車が、ボンネットを触ると冷たく今朝から入った様子に全員ガックリ。仕方なく古都部川へ向かうが、川の規模が小さく4名は無理と判断し近松・桜井氏を国道の脇の堰堤から1時間だけ釣り、私達は駐車場で寝ているからと、釣りを終えて話しを聞くと水はまあまあだが、木が密集して釣りずらくバラシがおおかつたとの事。宿へ返り全員そろって夕食。関口車も聞けば釣り場に苦労したとのとの事。翌日は私たちは大湯の本流に桜井、近松、上野氏を松村氏を堀内川中流に私は本流出会いから堀内川に入るが、水量は絶好だが魚は更に上流に登った模様で放流山女ノミ、午前中の釣果は程々、関口車は小坂本流に関口、安達氏、荒川に伊藤氏が入り、関口氏は堰堤手前の瀬で大物を痛恨のバラシとか。その中で一人大笑いなのが伊藤氏荒川に入って大釣りとの事。遅い朝食後、関口車は再度小坂本流に、私は長走川へ。中流に桜井、近松氏堰堤上流部に村松氏、最上流に私、上野氏は車置き昼寝と事。私はやっと8寸程のイワナとヤマメを釣る。最源流の魚にしては錆も無く惚れ惚れする魚体でした。下流の人を迎えに行くと、桜井、近松氏が大騒ぎ、熊が出たと。最初は小熊が出て来たので次は母熊かと、母熊が出て来たらどうしょうかと、幸いにも子別れした小熊だった様子。それでも此方に向かって来た時は脅威だつたとか。聞いてこんな山の浅い所に熊の生活範囲が有ったとはしみじみと考えさせられました。二股にはキャンプして居る家族一組がその上流にはお父さんが釣りをして、お父さんが帰って来るのを待つ奥さんと幼い子供が居る所で。今後は十分に注意が必要と考えさせられました。関口、安達、伊藤氏は小坂本流で関口氏は又、痛恨の大物バラシとか。非常に残念がっていました。最終日は時間の関係から全員が大湯川本流に分散して終わりました。ここ数年大湯に来て居ますが5月の連休は水量も絶好調で合ったが魚は何処へ行ったか?でしたが、今回は深くて緩い深瀬が有る所に入られた人が良い釣果を獲られたと思います。朝食後、魚を分けましたが1人当たり12〜13匹で有りました。宿を出て高速にて関口邸にて午後4時頃解散と成りました。全人無事で帰って来られて参加者に感謝致します。それから全員参加の写真を取るのを忘れました。申し訳有りませんでした。それから最初徴収した会費から小トラ¥10.000-大トラ¥5.000-返却出来ました。私事ですが今年は仕事に終われ、この釣行会が私の今年度の最終釣行に成ってしまいました。来年こそはと願って居ます。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部