釣行会レポート

2002年6月27日〜30日  白戸川源流釣行会

リーダ:村松

参加者:  関口、上野、斉藤、近松、村松
    

    計:5名

釣行概況:
 6月26日、夜半に出発し小雨降る中を関越周りで田子倉ダム近くの駐車場に27日4時到着。
小休止して村松隊長が調達した食料やテントなどの装備を手際よくパッキングする。5時にダムの船着場から渡船に乗り込み、べた凪で鏡のように静まり返った水面にエンジンの爆音と白い航跡を後にして白戸川バックウオータへと旅たった。予定外の渡渉の連続に疲労の色を隠せない。


抱返りの滝 
  抱き返りの滝 雪渓を慎重に潜り抜ける。怖い!      下五沢出合い付近で休憩

悪戦苦闘の中、12時過ぎに広い中州が出現。疲れとテント場として先への期待薄からここをテント場とする。豪華な夕食を取り、明日への鋭気をつけた。


      天幕場は最高!                  慣れた手つきで火の当番


         旨そうなひらたけ            こんがりと時間をかけてイワナの串焼き

翌朝は4時起床。目的の二股以遠を探釣するため5時半に出発。高巻き、腰までの渡渉を何回か繰り返し7時に二股に到着。後は二手に分かれ時間までイワナ釣りを楽しんだ。昨日の疲れは何処へやら、尺イワナとの対面にニンマリの連続。夜は尺イワナを囲み美酒に浸った。


   
    メルガマタ沢 ポイントごとに釣れた         釣り疲れ途中で休憩


                            天幕場を片付け、記念撮影

翌朝、早起きしてテント場を綺麗に片付け。記念写真を撮り、8時過ぎにテント場を出発し、15時過ぎに船着場に着いた。
只見保養センターで入浴後、伊南川泉区のふるさとの家で最後の夜を過ごした。深い谷にぽっかり開いた空に満天の星が眩しい。この心地よさを体験できる究極の贅沢を堪能した釣行会でした。


         最後の宿 ふるさとの家で! 楽しかった また来よう!

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部