釣行会レポート

2003年3月1日〜2日  伊豆解禁釣行会

リーダ:中野

参加者:  伊藤、井口、石田、今井、薄井、小幡、沖野谷、筧、桜井、
    笹尾、関口、竹内、本間、満藤、村松、八木、吉野、中野


    計:18名

釣行概況:
交通:各自自由参加で宿に集合

費用:12,000円 宿代のみ

宿: 伊豆湯ヶ島温泉「いろりの宿 三吉」
   TEL:0558-85-1123 

概況:
長い冬眠から目覚め、渓流釣りの解禁釣行会を行った。日時は例年通り、3月の第一土日であり、今年は3月1日と全国区での解禁釣行デビューとなった。場所は恒例の伊豆での釣行。特に場所割り、沢割りなどせずに各人・各グループ、思い思いの河川で解禁釣行会を楽しんでもらった。我がグループは昨年のリベンジと意気込み河津川方面へ車を走らせた。毛ばり一本の我々であるが何故かぶどう虫を懐に忍ばせていたのは昨年の悔しい思いからのささやかな抵抗からかもしれない。「解禁釣行会はお祭りだ〜!」とは言っても坊主は戴けない。途中のファミリーレストランで休息をとり、いつもの河津の釣具店で入漁券を購入、1000円也。まだ暗い、駐車場を求め移動するも要所要所には既に車が停まっており、さすがに解禁日と思わせる。適当な場所を見つけ車を停め夜明けまで仮眠する事としたが中々寝付けない。そうこうしているうちに明るくなった。一緒に停まっていた車から人の気配が消えている、既に彼らは川の中であった。
時計を見ると6時を回っていた。我々も釣り仕度をし、川に入った。曇り、気温、7℃、水温10℃。風もなくさほど寒くもなくコンディションは良好と言える。先行者は上流部にある、大場所狙いのようだ。我々は仕方なし、釣り下がる事とした。何故か二人ともエサ釣りで始めた。第一投めから当り有り、「しめしめ!やっぱり解禁はエサだ」と思い、新しいエサに交換し再投入、掛かった!うむ!ハヤだ。がっくり!アマゴは何処に居るのだろう!掛かるのはハヤとでかいオイカワだけ。また、今年もだめかと諦め、「エサ付けも面倒だから毛ばりにしよう!」と物臭の二人は毛ばりに変更。時折アマゴらしき反応はあるが針かかりには至らない。ポイント変え、先へ先へと釣り下がった。何せ解禁日である、釣り人は我々だけではない、前にも後ろにも釣り人は多い、人がやった後を丹念に探った。出た!27センチの良型アマゴだ。また、出た!ポンポンポンとあっという間に5匹ゲット。

仲間の沖野谷氏に合図し、「いけるよ!」「この辺に溜まってるよ」と興奮気味に場所を譲る。出る出る毛ばりにバンバン反応してくるが何故か針かかりしない。合わせのタイミングが早いようだ。そうこうするうちに反応が止まっしまった。後の楽しみにすることで先に進んだ。ポツポツと出るが型が小さい。半天然物か型は15センチと小ぶりである。7時頃から降り出した雨足がきつくなってきた。最後にと残しておいたデザートポイントに戻る事にした。戻ってみると「ムムムー!」釣り人が竿をしならせているはないか「残念」と諦めかけた沖野谷氏。つかの間、釣り人は上流へ移動を始めた。粘った挙句の一匹らしい。「ここは毛ばりのポイントだよ」と言いつつ沖野谷氏が釣り始めた。「出る出る」後は毛ばり組の独壇場で「申し訳ない」と言ったところ。
上で粘っている釣り人をよく見るとカッパ姿で分からなかったがなんと仲間の井口氏ではないか。さらに周りを見回すと関口会長、筧氏がいた。関口会長、井口、筧氏組も朝から河津川中域部で釣り、既に、ビク満杯の状態であった。早々に諦め、納竿?魚をさばく後でエサをねだっているアヒルとそれに応える筧氏の光景が印象的であった。雨足は益々強くなり10時過ぎに納竿し、昼食と電車で来る薄井氏を迎えに修善寺へと向かった。いつものうなぎ屋でうなぎを食した。いつも一緒だった大伴氏、郡司氏の姿がないのが寂しい。悔やんでも仕方がない。修善寺で薄井氏を迎え、一路旅館へと向かった。雨も強くなったり、弱くなったりとやむ気配はない。宿へ着くと既に数組がチェックイン。雨で条件は良いものの雨足の強さに負け、早々に切り上げた模様。4時過ぎに小幡氏から突然の電話がが入った。松崎で車に悪戯されパンク状態で宿への到着が遅れるとの事。なんと不運な!4本のタイヤに悪戯されたとの事。「運が悪いのか、日頃の行いが悪いのか」宴会で酒の肴になったのは言うまでもない。
6時過ぎには全員揃い大宴会。病みを押して参加してくれた薄井氏、車に悪戯された小幡氏、新会員諸氏が宴会を盛り上げてくれた事に感謝。
釣果としては例年になく、各人納得のいく釣果があったようだ。今年も大物が上がった。八木氏が西伊豆の某河川で32cmのアマゴをゲット。朱点鮮やかな綺麗なアマゴであった。
宴会は中締め後も続き、深夜遅くまで盛り上がっていた。雨も翌朝の4時頃にはあがり、かなり増水していたが濁りはなく、宿の前の川で何人かが頑張った。ぼちぼちの釣果があったようだ。8時に全員揃い朝食、9時過ぎに宿を解散し、面々、帰路についた。今年も宿のおかみの「お食事の用意ができました。いろりの間にど〜ぞ!」から渓流釣りの始まりを感じた。
今年の気候は平年並か?河津のさくらは満開。平地はまだ梅模様。東北の山々は雪深い。今年も安全で楽しいシーズンになる事に期待したい。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部