ヤマメ発眼卵埋設放流

開催日:2003年11月15日(土)〜16日(日)

リーダ:八木延二郎

出席者: 伊藤、桜井、関口、高根、近松、徳丸、中野、西川、満藤、
村松、柳田、八木 特別参加:岡室

    計:13名

場 所:奥多摩水系

概況:

今年度より東京都と山梨県との境を流れる小袖川が小河内漁協の管轄となり5ヶ所の発眼卵
放流が15日(土)行われた。参加者は東渓会員12名、特別参加1名、東京インストラクタ各支
部より10名の総勢23名が東京都水産試験場、海沢分場前に集合。
挨拶後、用具類、バカ長等、消毒後、5ヶ所へ分散。

@.小袖川:10,000粒 関口、村松、徳丸、岡室

A.坊主谷:5,000粒 桜井、西川、柳田、水試1名

B.茂窪谷:5,000粒 高根、近松、中野

C.ヨシスキ沢:5,000粒 伊藤、八木、インストラクタ6名、漁協1名

D.サイグチ沢:5,000粒 満藤、インストラクタ4名、水試1名
  *サイグチ沢は奥多摩周遊道路の土砂崩れのため、下流部への放流となる。

昼頃には無事放流を済ませ、ふるさと村に揃い、解散と致しました。
昼食後、泊まり組11名がコテージへ向かい小部屋2棟へと入室。
毎回楽しみの関口会長差し入れの野生肉のバーべキュ−や西川氏の新鮮野菜、満藤氏からはイイチコの焼酎、高根氏からは霧島の焼酎、桜井氏より日本酒八海山等、多数の差し入れを頂き、皆奥多摩の夜を楽しく過して頂きました。翌朝は5時頃より起き出し、散歩や朝食の準備、出発準備等々、皆、手馴れた様子。朝食後、午前9時にはゲートも開き現地解散としました。
少人数の中、皆さん頑張って頂きご苦労様でした。


             挨拶をする八木リーダ


           バカ長の消毒は丁寧に!


       「よく出来た!これで良し!」と近松氏


          この看板が目印です

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部