奥多摩ヤマメ発眼卵放流

開催日:2008年11月15日(土)〜16日(日)

リーダ:八木

参加者:伊藤、上野(信)、沖野谷、櫻井、高根、近松、本間、
柳田、満藤、中野、村松、八木

    計:12名

場 所:奥多摩水系


交通  :車7台   
費用  :6,000円(保険代含む) 
宿   :東京都ふるさと村のケビン
天候  :晴
概要  
 15日(土)午前8時45分JR奥多摩駅前集合後、海沢のさかなセンターへ東渓会員12名とインストラクター11名が揃う。水産試験場の挨拶、沢割り後、発眼卵の入った発泡スチロール箱を受け取り出発。今年も小河内漁協管轄の峰谷川の坊主谷、茂窪谷クキ沢のサイグチ沢、ヨシスキ沢へ各5,000粒、小袖川へ10,000粒の合計30,000粒の埋設を行う。各沢も5℃前後、水量共に平年並みで、約2時間程度で無事終了。ふるさと村に集合し、インストラクターの方々と解散となりました。
泊まり組は食堂で昼食を済ませ、ケビンオープンのお知らせを聞き楽しみな一夜を迎える。今回も本間、柳田両メインシェフにサブシェフは伊藤、上野、村松氏にバーべキュウを櫻井、近松、沖野谷氏にお任せし料理良し、お酒良しで時の経つのも忘れる程に、大いに語りあいましたが早く寝床に入られた方は煩かったかも?。
明け方頃から小雨模様となり、7時頃には皆揃って朝食をとり8時半出発で岐路へとなりました。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008 東京渓流釣人倶楽部