奥多摩ヤマメ発眼卵放流

開催日:2009年11月14日(土)〜15日(日)

リーダ:八木

参加者:井口(日帰り)、満藤、上野(信)、櫻井、高根、近松、本間、村松、八木
    計:9名

場 所:奥多摩水系


交通  :車6台   

費用  :6,000円(保険代含む) 

宿   :東京都ふるさと村のケビン

天候  :小雨のち晴れ

概要  
 4日(土)午前8時45分、小雨降る中、JR奥多摩駅前に集合し、海沢のさかなセンターに向かう。海沢のさかなセンターには東渓会員9名とインストラクター17名(城西支部9名+四東京支部8名)、おさかなセンター職員3名の合計29名が揃う。村松放流委員長の挨拶後、おさかなセンターの加藤技官から今年の発眼卵は6月頃の卵の核が出来る頃に水温が高く、そのため核の成長が悪く例年より採卵のサイズが小さい(通常6ミリ前後、今年は4ミリ)反面数が多いとの説明があった。
また、今日は昨日からの雨で沢の水量が増えているので埋設は落ち込み水がかけ上がった終わり周辺の本筋深めに行ってほしい旨の説明を受けた。沢割り発表後、発眼卵の入った発泡スチロール箱を受け取り放流地へ出発。放流は峰谷川の坊主谷、茂窪谷の各々2ケ所へ各計5,000粒、小袖川の3ケ所へ計10,000粒、クキ沢のサイグチ沢、ヨシスキ沢へ各々4ケ所へ各計2、500粒の例年同様に合計30,000粒を行った。各沢の水温は坊主谷12℃、茂窪谷11℃、小袖川8℃で例年だと5〜6℃に対し高めでした。
埋設を終わる頃には雨も上がり陽も差してきて、約2時間程で無事終了。ふるさと村へ集合し、インストラクターの方々とはここで解散となりました。
泊まり組は新装になった食堂で昼食を済ませ、2時半頃にケビンに入りし、楽しみな一夜を迎える。今回もメインシェフには本間氏に、サブシェフは村松氏にお任せした。また、メインのバーベキューの野生肉を今回も関口相談役より北海道から“エゾシカ肉”を送って頂いた。料理良し、焼肉良し、酒食しで時の経つのも忘れる程に、大いに語りあいました。早く寝床に入られ方には煩かったかも?
5日(日)6時半頃には皆さん揃って朝食を取り8時半出発で帰路へと成りました。毎回満藤会長、櫻井氏よりお酒の差し入れを頂き且つ、本間氏には料理全般に渡りお受け頂き、また、関口相談役には参加者の為にバーベキューの肉を手配頂き有難う御座いました。
今回のカゴ回収は今年と同様に来年3月20日(土)を予定。ケビンの予約も済ませました。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2009 東京渓流釣人倶楽部