奥多摩ヤマメ発眼卵放流BOX回収

開催日:2010年3月20日(土)〜21日(日)

リーダ:八木

参加者:青木、上野、櫻井、柴田、関口、近松
西川、本間、村松、矢田
、八木

    計:11名

場 所:奥多摩川水系


交通  :車6台   

費用  :6,000円(保険代含む) 

宿   :奥多摩湖畔公園 山のふるさと村コテージ

天候  :晴れ

概要  
昨年11月14日(土)に埋設したBOX回収及びヤマメ稚魚放流に東渓会員11名と東京圏インストラクター(サイグチ沢担当)10名、西東京インストラクター(ヨシスキ沢)7名の計28名が参加された。今回ヤマメ稚魚放流も同時進行の予定で有ったが、漁協のヤマメ稚魚育成に失敗(ポンプ故障に困る水流ストップ)が有り、イワナ稚魚は未だ放流サイズに成長してない為今回はBOX回収のみ。
沢割りは埋設時のメンバーを担当して頂くが、小袖川でのBOX回収時に試し釣りをしたいとの希望で小袖川に4名(青木、上野、近松、それと西川=留守番)、茂建谷4名(櫻井、柴田、矢田部、駒込=西東京インストラクターより応援)、坊主谷3名(本間、村松、八木)、関口氏はサイグチ沢に応援で入いって頂いた。約2時間程で各沢供無事終了でクキ沢(上流でサイダチ沢とヨシスキ沢に分かれる)は関口氏に解散宣言をして頂き、東渓メンバーは漁協マス釣り場で昼食を済ませ、暫し歓談。柴田氏は日帰りの為食事後お別れ。小袖川組も合流し“ふるさと村”へと向かう。
今回も関口氏から“特上”の猪肉を頂き、なお且つ、その肉をスライスする器具も用意され感謝。早速バーベキュウのセットを近松、上野両氏に任せ、本間氏には自家菜園から多数の野菜を差し入れで料理にかかって頂いた。毎回本間、村松両氏には食事の買出しにご苦労かけ感謝。
酒良し、焼肉良し、料理なお良しで解禁釣行を後3週間後に控え多いに語らい楽しんだ。翌朝は皆さん早起きされゆっくりと食事を済ませたが、昨夜11時前頃から午前3時頃迄台風並みの豪雨や風が吹き出しその影響で鳩の巣渓谷の辺りで土砂崩れが有り、青梅街道が通れないとの“ふるさと村事務所”より連絡が入り、8時半解散で奥多摩周遊道路を回って檜原街道経由で帰路へとついた。
今回満藤氏、今井様、青木氏、上野氏、櫻井氏より酒代、ビール券、お酒の差し入れを頂き又、漁協より清酒を頂き有難うございました。紙面をかり御礼申し上げます。
なお、BOX回収結果の詳細は“いざない”に掲載されると思いますが、3月にドカ雪や降雨の為、水温が低く坊主谷、茂窪谷ではBOX内の稚魚が計200尾程残っていました。孵化率は全5河川とも97〜100%、大きさは3センチ以上で今回も良い結果が得られました。今年も11月13〜14日を予定していますので、多数参加をお待ちしています。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2010 東京渓流釣人倶楽部