奥多摩ヤマメ発眼卵放流BOX回収

開催日:2011年5月28日(土)〜29日(日)

リーダ:八木

参加者:青木、上野(信)、伊藤、近松、斉藤、
村松、徳丸、
八木

    計:8名

場 所:奥多摩川水系


交通  :車6台   

費用  :6,000円(保険代含む) 

宿   :奥多摩湖畔公園 山のふるさと村コテージ

天候  :晴れ

概要  
平成23年3月11日に国難と成った東日本大震災及び福島第一原子力発電事故により、昨年11月13日(土)にヤマメ発眼卵を埋設したBOX回収を当初4月16日(土)に予定していたが自粛、節電等諸々の事情で一ケ月ほど延ばし、5月28日(土)に行いました。
小雨降る中JR奥多摩駅近くの駐車場に集合。東渓は新人の斎藤政夫氏を含め8名(徳丸氏は峰谷マス釣り場へ直行)、東京インストラクター及び西東京インストラクターの方々を含め、総勢20名ほどが参加されました。
例年だとBOX回収と同時進行でヤマメ稚魚放流を行っていたが、今回、稚魚成育の関係で5月連休中に漁協側で放流済みのため、BOX回収のみとなった。

リーダ挨拶後、それぞれ埋設した沢へと分散。3月初旬、奥多摩地域にかなりの降雨が有り、回収成果が危ぶまれた。私は村松氏と坊主谷へ二箇所に埋設したが最初の一箇所目が解らず。二箇所目のバイバードBOXは5個の中に泥が混じっていたが、死卵や仔魚は無く全て孵化されたものと思われるが、埋設箇所周辺での確認は出来なかった。他の4沢での回収はできたが現時点での報告が揃わず、後日最終報告を事務方へ提出する予定です。
BOX回収後、東渓メンバーは峰谷マス釣り場で昼食を済ませ、日帰り組3名(上野、伊藤、徳丸)と別れ5名(青木、斉藤、近松、村松、八木)は「ふるさと村」ケビンへ向かう。午後2時半過ぎに受付を済ませ、予約済みの大部屋へ投宿。時間もたっぷりと有るため、新入の斉藤氏と近松氏は一振りを楽しみに出発。残りの3名は先ずコーヒーで一休み。

7寸程のヤマメ1匹をお土産に2人が戻り、毎回関口相談役差し入れの猪肉と鹿肉のバーべキューの仕度へと係る。生野菜サラダやケンチン汁等などとスタートしたが斉藤氏は調理の職業をされており手際よく進み、包丁捌きの音色が気持ちよく響く。
外は終日小雨降りが読く中、向かいのケビンには20名程の若者グループも酒宴となっている模様だがマナーは良い。我々も釣談議に華を咲かせ、23時過ぎに寝床へ潜り込む。
翌朝は7時過ぎに朝食となり、9時前に出発し、現地解散と成りました。なお、今回泊まり組みが少なかったため、8500円のオーバーとなってしまった。会から補助を3500円、また、参加者から1人千円の追加負担をして頂き無事終了と成りました。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2011 東京渓流釣人倶楽部