高原川産卵場造成作業への参加

開催日:2011年10月22日(土)〜23日(日)

リーダ:小幡

参加者:青木、中野、小野寺、村松、八木、石下、小幡

    計:7名


交通  :車3台   

費用  :18,000円(保険代含む) 

宿   :大町木崎湖温泉「民宿やまく館」 

天候  :晴れ

概要  
 現地集合、神坂公民館へ22日午前9時ということでそれぞれ早朝発にて対応。集合早速、公民館にて高原漁協の組合長挨拶に続き岐阜県河川環境研究所(元水産試験場)研究員よりアマゴの給餌、捕食の研究について報告があり、「まずめ時」は「夕より朝のほうが食いが立つ」という貴重なおはなしを頂いたが実釣ではどうか?水温、水量、季節、天候等、その日の諸条件により一概には言えないようです。
10時より支度を整え、産卵床となる神坂の堰堤より導水された人口河川へ移動。
早速びっくりしたのは一跨ぎ程の河川の深みには産卵を控えた尺イワナが見られた事。作業は、数班に分かれそれぞれに漁協の役員さんの指示によりすすめられた。まず、河川の床をじょれん鋤簾で均し、流れ込みから次の流れ出しのかけ上がりにかけて、げんこつ大の「ぐり石」を敷き、その上に「されき砂礫」を積み、あたかも自然の状態に造成するわけであるが、私たちの仕事は、砂礫の運搬が主で産卵床の仕上げは漁協の役員が行った。作業は約2時間で終了。その後、自然産卵をした場所や産卵直前ペアリングのヤマメを観察したりした。
当日、作業に参加したのは漁協の人達と各地からの参加者、総勢50名ほどでした。当会としては初めての参加でしたが今後の渓流魚の保護増殖活動に大いに勉強になったことと思います。
産卵場所のない堰堤と堰堤に挟まれた河川環境には人口河川の造成でより自然な状態で産卵することが可能になるわけですが人口河川の造成は国交省の許可が必要だそうで勝手にはいじれない様である。尚、今回は信州川蝉会へも声をかけ小澤会長と滝沢氏が参加された。
お昼に参加者全員、公民館へ集まり、恒例の鮎飯と鮎の塩焼き、猪汁がふるまわれ全員の自己紹介、参加への感想等、意見交換がされた。
日帰り参加の中野氏、川蝉会の小澤氏、滝沢氏と別れ一行は最終釣行会にてお世話になった木崎湖温泉の「やまく館」へ移動。今後の放流事業等の話題で懇親慰労会となり翌朝現地解散とした。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2011 東京渓流釣人倶楽部