奥多摩ヤマメ発眼卵埋設

開催日:2011年11月12日(土)〜13日(日)

リーダ:村松

参加者:青木、伊藤、近松、櫻井、末永、上野(信)、
徳丸、村松、中野、柴田、
八木

    計:11名

場 所:奥多摩川水系


交通  :車4台   

費用  :3,500円(保険代含む) 

宿   :奥多摩 峰谷川渓流釣場 

天候  :晴れ

概要  
 慣例となったシーズンオフの楽しみである奥多摩のヤマメ発眼卵埋設が今年も行われた。
JR奥多摩駅前に東渓メンバー11名、インストラクター10数名が揃い、海沢の東京都島しょ農林水産総合センター、海沢おさかなセンターにて挨拶。今年も昨年同様ヤマメ発眼卵を坊主谷5000粒、茂窪谷5000粒、小袖川10000粒、くき沢(インストラクター担当)のサイグチ沢5000粒、ヨシスキ沢5000粒の合計30000粒を受け取り散開。
沢割りは
@坊主谷=青木、末永、村松、八木
A茂窪谷=伊藤、上野、水産試験場職員1名
B小袖川=櫻井、柴田、徳丸、近松、中野
作業は順調に行われ、約2時間半程で終了。くき沢は早く終了する為、現地で解散され、東渓メンバーは峰谷マス釣り場へ集合し昼食後日帰り組と分かれた。今回も無事埋設を終わり来年春先頃のBOX回収が楽しみと成った。
宿泊組7名は隣のバーベキューハウスヘ移り、寝床の確保(各自シュラフ持参)し夕食の準備にかかる。関口相談役が毎回差し入れて頂くシシ肉、しか肉を捌き、焼肉の香りが食欲をそそる。
漁協や櫻井氏より清酒を頂き、飲んで大いに食らい鹿の鳴き声を聞き、奥多摩の一夜を楽しんだ。3月11日の大震災の影響で「ふるさと村」ケビンが利用できなく残念で有ったがこの様な宿泊も又一興であった。
翌早朝は6時頃より朝食準備に係り伊藤氏が煎れたてのモーニングコーヒーを味わい朝食を済ませ8時半に解散と成りました。
収支は青木氏やインストラクターの田中茂雄氏から御寄付を頂き、宿代も半額で済み一人保険代込みで3500円と成りました。食料の買出しに伊藤氏、近松氏、村松氏の協力を得て、有難うございました。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2011 東京渓流釣人倶楽部