ヤマメ発眼卵埋設放流

開催日:2002年11月16日(土)〜17日(日)

リーダ:村松

出席者: 井口、沖野谷、小宮山、斉藤、村松、本間、柳田、西川、八木、櫻井、
佐々木、満藤、中野
関口、安達、近松、松田、伊藤、山谷
    計:19名

場 所:奥多摩水系

奥多摩水系へ発眼卵2万粒埋設

放流分担(各河川に各5千粒)

*峰谷川(責任者:村松)
・モクポ谷…井口、沖野谷、小宮山、斉藤
・坊主谷…村松、本間、柳田、西川、分場長竹内氏、試験場龍氏、

*岫沢(責任者:八木)
・サイグチ沢…八木、櫻井、佐々木、満藤、中野
・ヨシスキ沢…関口、安達、近松、松田、伊藤、山谷

16日9時水産試験場海沢分場にて用具・長靴の消毒をして発眼卵を受け取り、10時−13時の予定で各河川へ分担埋設放流へ出発。
放流終了順次「ふるさと村レストラン」に集合し昼食後、一応解散とした。
17日インストラクタの発眼卵放流へ参加予定者は同村のコテージに宿泊した。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部