奥多摩BOX回収(2回目)と交流会

開催日:2002年3月16日(土)

リーダ:村松

参加者: 村松、安達(昌)、井口、沖野谷、斉藤、関口、八木、桜井
    
佐々木、近松、満藤、他(インストラクタ8名、有志3名)

    
計:11名

概況:
一回目2月16日から1ヶ月後の3月16日、二回目のBOX回収を行った。また、小河内漁協の孵化場のヤマメの稚魚(3cm)2万匹を峰谷(ボウズ谷、モクボ谷)クキ沢(サイグチ沢、ヨシスギ沢)の4沢に5千匹づつ放流した。水も温んできており、5.5〜6℃と1回目(2月)から倍の水温となっていた。BOXの中も稚魚の居残りも少なく、3cm近くに育っていた。また、周りの浅瀬の流れの緩やかな落葉のたまりには可愛い稚魚の泳ぐ姿が見られました。

   

一つひとつ丁寧に川の中からBOXを引き上げる。3cm位に育った稚魚の姿も見られる。



大カゴの中にカエルが潜り込んでいた。



初参加のインストラクタの皆さんご苦労様でした。



回収後、ふるさと村の食堂で食事を取りながらの歓談。

            
孵化場で稚魚(3cm)をビニール袋(紙袋とで二重)に入れ、酸素を注入して放流地へ急行!



可愛い稚魚を背負子でかついで堰堤上流へ!結構ハードだ!

可愛いヤマメ達よ、大きくな〜れ!

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部