東京渓流釣人倶楽部 会則

(昭和33年制定。…46、48、55、58、63、平成4、7、17、22年改定)


 第一章  総 則
  第1条 本会は東京渓流釣人倶楽部と称し、略称を東渓釣クラブと称する。
  第2条 本会は本部を東京都内におく。
  第3条 本会は渓魚の放流を行い、保護増殖につとめ、節度ある釣りを楽しみ、会員相互の
      親睦を厚くして会の発展を図ることを目的とする。
  第4条 本会の会則改定並びに必要なる細則は総会の決議を経て定める。

 
第二章 会 員
  第5条 本会は次の会員により構成する。
      ・正会員  本会の定める会則によって会員と認められた人。
      ・休会員  休会員の資格は細則に定める。
      ・特別会員 本会に対する協力者または功労者で、会員の推薦により会長の
            承認を得た個人。会費は免除する。
  第6条 本会へ入会を希望する人は、所定の入会申し込み書を提出し、会長の承認を経て、
      入会金を払い込むものとする。
  第7条 正会員の入会金・年会費は次のとおりとする。
      ・入会金  5,000円
      ・年会費 12,000円
      ・休会員年会費 3,000円
  第8条 会員は会の定める次の規約を遵守するものとする。
      1.1日の制限尾数10尾
      2.体調18cm以下の山女魚、20cm以下の岩魚は川に放す。
      3.釣技は竿釣りのみとする。
      4.各都道府県および各河川漁業協同組合の定める規則を守る。
      5.観光風致に沿った行動をする。
      6.渓魚の保護増殖に努める。
      7.健康第一、天候第二、釣技は第三。

 
第三章       役 員
  第9条 本会は次の役員を置く。
      ・名誉会長 1名 ・会長 1名 副会長 若干名 
      ・幹事長  1名 ・幹事 若干名 ・相談役 若干名 ・監査役 1名
  第10条 名誉会長の選任は、会の創設と存続に貢献した会長経験者で、会長の選任と同様な
       手続きを経て総会で決定し、任期は特に定めない。
    2)相談役の選任は、原則会長経験者または功労者で、会長の選任と同様な手続きを経て
      総会で決定し、任期は特に定めない。

  第11条 会長の選任は会長・副会長・幹事長及び相談役の審議により推薦し、総会で決定する。
    2)新会長は副会長以下の役員を指名することができる。
  第12条 会長は本会を代表して会務を統括し、副会長は会長を補佐し、会務を処理する。
    2)幹事長は幹事とともに会の基本的運営に必要なる会務を処理する。
  第13条 役員任期は1ヶ年とする。但し、重任を妨げず、役員は任期満了でも後任者の定まるまで、
       その会務を続行する。
  第14条 会長は、緊急の場合には会員に適宜会務を委託することができる。

 
第四章       集 会
  第15条 本会は、定時総会を原則として12月に開催することとし、会長が招集する。
  第16条 会長は必要と認める場合は、臨時総会を招集するほかに、適宜、執行部会を 開くことが
       できる。
  第17条 総会に付議する事項
       1.会務の報告・承認  4.会則の変更・承認
       2.会計報告・承認   5.事業計画の報告・承認
       3.会長の承認     6.その他、本会の目的達成に必要なる事項の承認
  第18条 総会の決議は、正会員の過半数が出席し、その出席正会員の過半数をもって決し、賛否
       同数の場合は会長がこれを決する。
       出席できない正会員は、代理人(委任状)をもってその議決権を行使することができる。

 
第五章      会 計
  第19条 本会の会計年度は12月1日より、翌年11月30日までとする。
  第20条 本会の経費は会員の納める会費によりこれを賄う。但し、寄付金、その他の収入により
       これを補うことができる。
  第21条 予算外支出および、緊急なる支出を要する場合は、会長の承認を得て行う。

 
第六章      行 事
  第22条 本会は次の行事を行うほか、本会の目的達成に沿う他の団体の行う行事・計画に対し、
       会長の指示により参加することができる。
       1.月例会 2.釣行会 3.放流事業 4.会報の発行・名簿の作成
       5.情報宣伝活動 6.会長の定めるその他の行事

 
第七章      賞 罰
  第23条 本会は賞罰を定めない。

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2010 東京渓流釣人倶楽部