東京渓流釣人倶楽部 細則

(昭和49年制定、58、63、平成4、22年改定)

 1.新入会員の取扱い
   新入会員承認の手続きは、会則第6 条によるものの他、次の処置を経るものとする。
   (1)入会申込書には、住所、氏名、年齢、血液型、釣り歴等を明記する。
   (2)入会希望者には、会則、会報等を提供する。
   (3)入会希望者は、原則月例会に参加して入会の判断を行う。
   (4)年会費は、月割りで計算し、入会金と合わせて一括して支払う。


 2.休会員の取扱い(昭和58、平成4年、22年改定)
   会員が転任、病気、その他止むを得ない事情により会を離れるも将来復帰を予定される
   場合は、会長の承認を得た者に限り「休会員」の取扱いを受けることができる。

   イ)休会員の資格期間は1ヶ年間とし、年会費は3,000 円とする。
   ロ)1ヶ年間経過後は自動的に退会となる。ただし、期間終了前に休会員継続の申出と
     共に休会員年会費の納入がある場合はそのまま継続するものとする。
   ハ)新年会、忘年会、特別式典等へ参加できるが、通常の月例会、釣行会には参加できない。
   ニ)会報「いざない」は−部無償配布する。また原稿を提出することもできる。

 3.事故対策金の積立について(昭和58年、平成4年、平成17年修正、22年改定)
   イ)釣行会リーダーは、釣行会参加者から事故対策積立金1,000 円を釣行会参加費に上乗せ
     して徴収し、釣行会終了後に会計担当者に支払う。ただし、平成12 年度より暫定処置と
     して、積立金額が200 万円を超えている期間は、積立を中止する。
   ロ)事故対策金は一般会計と分離し特別経理とし会計責任者がその責に当る。
   ハ)事故対策金の払出は、自損事故等で車両保険や旅行傷害保険の適用が困難な場合の救済、
     補てんを目的に、50,000 円を限度とし、執行部協議のうえ、会長がこれを決定する。
     なお、重大事故の場合は、別途執行部協議の上対応する。

 4.保険等の加入について(平成16年制定、17年修正、平成22年改定)
   イ)会員は、本会がその目的に応じて団体契約する次の保険に加入する。
   (1)スポーツ傷害総合保険
    ・本会在籍者全員が年度単位で加入する。
    ・特定のスポーツ(釣り・ゴルフ・スキー・スケート・テニス)をしている際の事故が対象。
    ・年間を通じて、当会主催の活動に拘わらず個人、有志での活動中の事故も補 償対象。
    ・本保険は、怪我、携行品損害、遭難救援費用、賠償責任をその補償の目的とする。
   (2)国内旅行傷害保険
    ・本会主催の釣行会等への参加者は釣行会毎に国内旅行傷害保険に加入しなければなら
     ない。
    ・本保険に加入しない会員は、釣行会に参加できない。
    ・釣行会リーダーは、出発前に保険代理店に参加者名を連絡する。
    ・本保険の補償期間は原則自宅を出てから自宅に戻るまでとする。
    ・本保険は、死亡・後遺症障害、入院および通院担保をその補償の目的とする。
    ・保険掛金の個人負担として、釣行会参加者一人当たり1,000 円を釣行参加費に上乗せして
     釣行会リーダーが徴収し、釣行会終了後会計責任者に支払う。保険掛金の個人負担額は
     保険料支出科目に戻入する。
   ロ)釣行会で事故(交通事故、遭難、怪我等)が発生した場合は、釣行リーダーは、速やかに
     安全の確保(救護)に努め、警察、消防(救急)、保険会社への手配を行ったうえで、
     会長(又は幹事長)に連絡のうえ指示を仰ぐ。個人、有志での活動中の事故においても、
     同様とする。
   ハ)当該保険金の請求は、原則として当事者である会員が保険会社に手続きするものであるが、
     会長(又は幹事長)及び釣行会リーダーと会計責任者が代行することができる。
     当事者である会員若しくは遺族は受取保険金から、本会がその事故処理のために立て替えた
     費用を優先して精算する。

 5.釣行会に関する事項(49年4月、平成22年改定)
  イ)釣行会の申込は、所定の用紙により申込金(リーダーの判断による)を添えてリーダー
    又は担当幹事に例会の席にて申込むことを原則とする。
  ロ)自動車釣行は、原則1車両2名以上の運転可能者を配置する。
  ハ)自動車釣行に借用する自動車は、会員又はその家族名義の車両とし、車両保険を含む任意
    保険加入車両とする。
  ニ)車両提供者は、自動車任意保険証の写しを会長に提出すること。車両入替等をした場合も、
    同様とする。
    なお、保険金額は、車両保険の外、原則、対人対物無制限、人身障害7,000万円、搭乗者
    障害1,000万円以上を掛けなければならない。
  ホ)自動車提供者への借用料は、原則、一ないし二泊釣行で10,000 円とする。
  ヘ)参加申込み後、参加を取りやめたときは、応分の違約金を徴収することができる。
  ト)正会員以外の釣行会への参加は原則不可とする。但し、他のクラブ(団体)との交流、
    入会希望者等の対応においては、会長の承認を得て対応するものとする。また、保険、
    車借用料等に掛かる費用は応分の負担とする。

 6.年会費に関する事項
  イ)年会費は年度の2月末日までに納入するものとし、1ヶ年間未納者は退会とみなす。
  ロ)年会費の納付者には、領収証を発行のうえ、当年度の会員証を交付する。なお、年会費
    未納者は、納付するまで当年度の釣行会に参加できない。
  ハ)途中退会した場合、年会費の精算(返却)は行わない。

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2010 東京渓流釣人倶楽部